何でも食べるよ

喉元過ぎても熱さを忘れないための日々の悲喜交々

暇(いとま)を得た

2017.06.15 (Thu) | 19:38 |
6月に入って丸二週間経って、今日も会社に行けそうになかったらハロワ行こ、と
昨夜決めて、今朝、駅まで行ったものの案の定気分悪くなったりしたので
ハロワに相談に行ってきました。



『かくかくしかじかで今のとこは待遇と業務内容がマッチしてないし当初と話が違うし
(障害に)理解もないんで、特例子会社行きたいんじゃが募集はないかね?』
「んー、ご希望の会社の求人は出てないですね…。まずは会社の人と主治医と相談して
体調を整えてから転職活動なされた方がいいと思いますよ。お力になれず申し訳ない」
みたいなやりとりでした。

すごすごと引き返しつつ、その足で病院で診察を受けて、
【診断書(うつ状態にあるので一ヶ月の自宅加療が必要)】を書いてもらいました。

やったー休みだー自由だー、って気分には残念ながらなれませんでしたね。
ちょっと安堵したのはありましたけど。

既に二週間休んで、更に一ヶ月休んだらただでさえ底をついてる貯金が地面えぐる勢いです。
まあ自宅療養に専念して、買い物しなかったらなんとかなるとは思うんですが。

そんなわけで、期間限定時間貴族なんで
・生活リズムは崩さない
・まずは好きなことができるように
・軽く運動もする
・一ヶ月未満でも体調が整ったら会社行ってちゃんと面談する
を目標に過ごそうかと考えてます。

たぶん、今は何も考えない方がいいんだろうけど
だらだらしてたら一ヶ月なんてあっという間だと思うので
形だけでも目標設定しておこうかなと。
4つ目とかは達成できなくてもいいし。

しかし、先月リリ(デグー)をお迎えしたときに
「この子(たち)を励みに頑張ろう」と思って一ヶ月でこれではなあ。

ペース配分はできないし、周りに流されるしで無茶したから
落ちるべくして落ちた。と言えなくもないけど。

あぁ、情けなや。

父にも報告せにゃならんのか…。気が重いぜ。

スポンサーサイト

コメント

No title
こんばんわ、お疲れ様です。
会社の方が健康状態を理解してくれないというのは一番きついですよね…。
僕も昔、会社から三下り半突きつけられた時はこの世が終わったくらいの心持ちでした。
でもこう言っては身も蓋もないですが会社が全てじゃないし、人生に『詰み』は無いと思います。
どんなに人と比べてちっぽけに見えても自分は自分だ!と頭の隅に置いておけば、いつかは突破口が見えてくる…かもしれません。
TKさんなりの突破口が見つかることを、影ながらお祈りしていますぞー!
Re: No title
Re:はるさん

おはようございます。
一晩寝て少し冷静さも戻った気がするのでお返事をば。

前職時代に、2回休職して2回目は休職期間を限界まで使ってしまい
・続けますか
・続けませんか
の二択を迫られたときは『あぁ、終わった…何もかも…』と思ったものです。

現会社側の無理な運用と経営方針には前々から不満を口にしてきた僕ですが
家電の発売日が集中する6月1日を過ぎて僕の中の糸がプツッと切れた感じです。
納期遅れで欠品の商品とか、技術部が正規の手順踏まずいきなり納品までこぎつけていざ受け入れ検査したら不良品の山でそこから良品を発掘する作業とか、もう知ったこっちゃありません。
といった感じで、体調が悪化したことはキツいけれど心持ちは穏やか、とまではいきませんが
それほど荒れてもいない状態です。お薬の作用かもしれませんがw

これで「もうイラネ」って言われたら会社都合で辞めれますし
どのみち8月末で契約満了で終えるつもりなので転活する前に英気が養えると前向きに捉えるようにしたいです。

在宅でコンスタントにそこそこ稼げる仕事とかあればなーとか考えるんですが
僕の性格的に誘惑だらけの環境下で時間を区切って納期に間に合わせるなんてのは難しいんで
やっぱりどこかに所属するしかないのかな、と。

年金も打ち切りの恐怖さえなければ定期的な収入としてあてにできるんですが…。
各自治体レベルだった年金機構が一元化されてどうなるかヒヤヒヤものです。
とりあえず本年度の支給額決定通知はきてたので大丈夫と思いたいのですが。

話が逸れましたね。
確かに会社が全てじゃないし、人生が『詰む』なんてことは僕の家庭環境ではよっぽどのことがない限り無いと思います。
(家族から孤立してて自殺未遂2回した元友人がいるので完全に無いとは言い切れませんが)
まあ、今の会社ではペーペーでしたが、それでもわからないことを聞きに来てくれる年下の先輩とかもいたので
何かしらの秀でた部分がある、あるいは人徳がある、と信じたいです。

無職の頃、学生時代の後輩の「TKさんは人間としては素晴らしいけど、社会から見たらクズですw」
って言葉、言いえて妙だな、と不思議と納得してしまった自分が良いやら悪いやら(笑)
その後社会復帰したときに「TKさんは不死鳥です。フェニックスです」
って評価してくれたんで今回も(勤め先は変わると思うけど)不死鳥の如く再び羽ばたきたいです。

そのためにも今回の失敗のトリガーと回避策をもう一度おさらいして
認知に歪みがあればそれを正す訓練をして、次のステップに臨みたいと思います。

長くなってしまいましたね。すいません。
いつも励ましのお言葉ありがとうございます!
心の底から感謝しています!

管理者のみに表示

トラックバック