何でも食べるよ

喉元過ぎても熱さを忘れないための日々の悲喜交々

勉強中

2014.10.28 (Tue) | 12:35 |
title.png

以前から興味のあった3DCADのお勉強をしています。


ソフト自体はかなり前からDLしてあったのですが
二次元のCADとは概念が違いすぎて
とっかかりが見いだせずずっと放置していたのですが
一念発起してテキスト本を購入してみました。

僕が使っているのはPTCの
creo elements/direct modeling express
というソフトなんですが、
このソフトの使い方の本ってのが
ほとんどなくて(あっても英語だったり)
『まあ違うソフトのでも3DCADならだいたい一緒だろ』
と高を括って
Autodeskの123D Desingの解説本を買いました。
(これが後につまづく原因になるのですがそれはまた別の機会に)


自宅ではじめるモノづくり超入門 ~ 3DプリンタとAutodesk 123D Designによる、新しい自宅製造業のはじめ方 ~自宅ではじめるモノづくり超入門 ~ 3DプリンタとAutodesk 123D Designによる、新しい自宅製造業のはじめ方 ~
(2013/05/28)
水野 操

商品詳細を見る


AutodeskはAUTOCADという2DCADで有名なところです。
しかも123D Desingは無料で使えるので
合わせられればよかったのですが
こちらは今のところ英語版のみで、
さらにWindowsのユーザ名を日本語にしてしまっているもんですから
うまく動作しないということで
テキストとソフトがちぐはぐなことになってしまいました。

ちょっと上の本の紹介をすると
3Dプリントすることを目標とし、ものづくりのフローから
2DCADと3DCADの違い、3Dプリンタの種類、3DCADと3DCGモデルの違い
その他、拡張子についてや3Dプリント代行サービスの紹介など
結構細かく載っています。
その中のメインが3DCADでのモデルの作成であり
123D Designの使い方が詳細に書かれています。

表題通り、超入門にはちょうどいい一冊ではないでしょうか。
まあ、123D Designの使い方はネット上にゴロゴロしているので
無理に本を買う必要もないのかもしれませんが…
僕の場合はこれぐらい追い込まないとやらなかったということで。

ちょっと長くなってきたので
どんなもの(モデル)が出来たのかは次回以降に紹介したいと思います。
なんて勿体つけるほどのものでもないんですがね(笑)

つづく…?
スポンサーサイト

コメント


管理者のみに表示

トラックバック